2017年 3月

東京工業大学は、『第7回 社会情報流通基盤研究センター・シンポジウム ~マイキーくんがつなぐ医療情報~』を以下のとおり開催いたします。

■日時: 平成29年4月25日(火)13:30~16:25 予定 (受付:12:30〜)

■会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館 デジタル多目的ホール
http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html
    (20番の建物の2階に西9号館の玄関があります。)
アクセス http://www.titech.ac.jp/about/campus/index.html

■参加費: 無料

■主催: 東京工業大学 科学技術創成研究院 社会情報流通基盤研究センター

■趣旨:
東京工業大学は、平成21年12月、情報通信技術(ICT)を活用して社会的な課題解決を図ることを目指した研究及び政策提言を行うことを目的として、旧ソリューション研究機構の下に社会情報流通基盤研究センターを設置しました。当センターは、平成28年4月1日から旧ソリューション研究機構等を発展的に再編して発足した科学技術創成研究院の下に置かれ、引き続き研究を実施しています。

当センターの研究活動に関連する政策動向として、受益と負担の均衡のとれた社会保障制度の実現を目的として成立した「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び関連法案の施行により、平成28年1月、公的個人認証機能が実装されたマイナンバーカードの交付が開始され既に1千万枚を超えるカードが交付されるとともに、公的個人認証サービスについては「電子署名」機能に加え「電子利用者証明」機能が追加され、その検証者の範囲が従来の行政機関等に加え総務大臣が認定する民間事業者も含まれることとなりました。このため、医療等分野を含む様々な分野において公的個人認証サービスの利活用が期待されており、総務省を中心に様々な実証実験が実施されています。また、医療等分野においては、厚生労働省を中心に医療保険におけるオンライン資格確認システムの導入に向けた検討等が進められており、平成28年10月、厚生労働省「保健医療分野におけるICT活用推進懇談会」において、国民・患者本人中心のオープンな情報基盤である「Person centered Open PLatform for well-being; PeOPLe(仮称)」の構築の必要性について提言がなされました。更には、経済産業省においても、個人の健康・医療情報を活用した行動変容に向けた実証事業が平成28年度に実施されました。

こうした認識の下、今回のシンポジウムでは、政府関係者から最新の動向についてご紹介いただくとともに、当大学での課題解決のための研究の成果について紹介し、今後の方向性を展望します。

■プログラム:(敬称略)
13:30~13:35 開会挨拶(5分)
安藤 真 東京工業大学理事・副学長
13:35~13:55 ASISTの研究活動の概要とシンポジウムのねらい(20分)
大山 永昭 東京工業大学 科学技術創成研究院 社会情報流通基盤研究センター長
13:55~14:55 政府における取組(各30分×2名)
小笠原 陽一 総務省 情報通信国際戦略局 情報通信政策課長
        「医療分野における公的個人認証サービスの利活用」

【概要】国民の身近な分野におけるマイナンバーカード(公的個人認証サービス)の利活用を推進する観点から、医療分野における利活用プロジェクトについての取組状況や、スマートフォンへの対応状況を説明する。

江崎 禎英 経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課長
        「生活習慣病における対応と健康・医療情報の活用」

【概要】国民医療費の3分の1を占める生活習慣病への対処は重要な課題である。経済産業省では糖尿病を対象にIoTを用いて高品質のデータを収集し、個人の生活習慣や行動を変容させる試みを昨年度より開始しており、その概要を紹介する。

14:55~15:15  東京工業大学における研究成果①
鈴木 裕之 東京工業大学 科学技術創成研究院 助教
        「受診履歴を利用した医療情報参照の実現手法」

【概要】本発表では、マイナンバーカードを利用したオンライン保険資格確認を応用することで、患者の受診履歴を記録し、この受診履歴を元に患者の医療情報参照を実現する仕組みについて解説する。

15:15~15:25  デモンストレーション・展示概要紹介
15:25〜15:40  休憩
15:40~16:20  東京工業大学における研究成果②(各20分×2名)
小尾 高史 東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授
        「受診履歴管理のマイナポータル連携とオンライン保険資格確認端末の機能の拡張」

【概要】現在我々は、保険資格確認の際に発生する情報をもとに受診履歴管理を実施する仕組みの検討を進めているが、本発表では、その仕組みの実現を目指したマイナポータル連携や保険資格確認端末の更なる機能の拡張の検討状況を報告する。

永田 和之 東京工業大学 科学技術創成研究院 特任准教授
        「ブロックチェーンにおける本人性確認の方法に関する考察」

【概要】ブロックチェーンを活用した新しいサービスの創出に資するよう、ブロックチェーン上で本人性を確認する方法として、公的個人認証サービス(JPKI)を利用する場合の基本的な考え方及び処理手順について紹介する。

16:20〜16:25 閉会挨拶
益 一哉 東京工業大学 科学技術創成研究院長 教授
16:25 閉会
※ 講演者・演題等は変更される場合がありますので、予めご了承願います。

■参加申込み方法:
シンポジウム申し込みページより申し込みいただくか、②以下の要領で電子メールをシンポジウム事務局あてお送りください。(申込締め切り:4月21日(金))
但し、定員となり次第締め切りとさせていただきますので、ご了承ください。
<電子メールでの申し込みの場合の要領>
・記載事項: [1]氏名 [2]所属企業・機関名 [3]メールアドレス
・メールの件名:「ASISTシンポジウム申し込み」
・送信先アドレス: asistsympo-r”atmark”isl.titech.ac.jp

■お問合せ先:
東京工業大学 科学技術創成研究院 社会情報流通基盤研究センター
電話:045(924)5177 E-mail: asistsympo-q”atmark”isl.titech.ac.jp

東京工業大学

科学技術創成研究院

カレンダー

2017年3月
« 5月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

〒226-8503
神奈川県横浜市緑区長津田町4259-R2-55
科学技術創成研究院 社会情報流通基盤研究センター
TEL: 045-924-5177 (大山教授室内)